革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
昨年から、ライブドアブログに移行しています。http://http://blog.livedoor.jp/shoji1217/
最新の書評はこちらをごらんください。
pagetop
ハルビン駅へ 日露中・交錯するロシア満洲の近代史 [単行本]
ディビッド・ウルフ
講談社
2014-10-07

 ひさしぶりに、かばちゃんの推薦。名著。

 著者は、アメリカ人で、北海道大学のスラブ研究センターの教授。

 ロシア側の文章を中心にして、19世紀後半から、1931年の満州事変までの間の、ハルビンの歴史や生活を定年に分析した本。

 正直言って知らないことばかり。日本の政治学者や歴史学者からは分析されない、ロシア、ソ連時代の東清鉄道の中心地であったハルピンの姿がよくわかる。

 東清鉄道を整備したウィッテを中心とするロシア大蔵省と、クロポトキンを中心とするロシア陸軍を確執など、興味深いが、特に、ロシア大蔵省が中心となって、ロシアの中では少数派のユダヤ人、ポーランド人、ロシア国教以外のキリスト教徒などを、積極的にハルビンに招いたこと。
 これが、19世紀の最後から20世紀当初において、ハルビンの繁栄につながった。これには中国人も同然関与し、また恩恵も受けている。

 イノベーションには、多様性と寛容さが不可欠ということがよくわかる。

 その他、日露戦争直前のロシア政府内、宮廷内での、陸軍と大蔵省の権力争いから、本来、戦争を望まなかったニコライ二世が戦争に巻き込まれていく分析なども(p141)、「坂の上の雲」しか読んでいないと絶対に間違えると思う。

 また、ウラジオストックにロシアがつくった「東洋学院」の卒業生が、中国での日露戦争以後、平和的?経済的なロシアの中国の浸透に貢献したという話(第5章)は、日本の上海東亜同文書院や満鉄調査部にもつながるが、それと同様の取り組みは現在の日本で行われているのだろうか。

 中国語と中国の歴史文化に詳しい人材は経済外交の面でも重要だし、それを推進する、大学なり専門学校的な学院があってもいい気がする。別に文部科学省が指導しなくても、日本の社会や経済のニーズに対応して、学部やセンターを作っていけばいいと思う。
 ちなみに、最初に著者の肩書きをみて、さすがと思ったが、北海道大学がスラブ研究センターをつくって、ロシアの分析をするなんてすばらしいと思う。別に文部科学省の指導があったわけではないと思うが。

 その意味では、沖縄とか九州に中国文化センターとかできてもおかしくないな。もうあるのかな。
pagetop
FC2で長い間ブログを書いていましたが、アマゾンの本のページが貼れないなど、不都合が続いていること、ライブドアブログが完全無料になったことなどから、ライブドアブログに移行します。
ただし、FC2ブログなどが消滅すると、ライブドアブログなどが再度有料化する可能性もあるので、FC2には不祥事を乗り越えて再度システムを改善して立ち直ってほしいと思います。
小生の移行先のブログは以下のとおり。革新的国家公務員を目指して
今後とも、小生の「革新的国家公務員を目指して」のブログにご愛顧をお願いします。
pagetop

2015/05/15

 頑張って、第三巻。第一巻は地形とか気候とか動かない歴史、第二巻は経済。第三巻はいよいろ歴史ものがたかりかと思ったら、引き続き、社会経済。

 アナール派は徹底的に下部構造にこだわるのがよくわかる。若干、退屈になってくる。

 16世紀の分析の中の話。

(1)トルコは公債で借金を頼ることが、キリスト教国ができたのに対してできない。(p72)

(2)16世紀後半は陸上でも海上でも強盗行為が目立つ。(p161)

(3)ギリシャにいたギリシャ正教は、カトリックよりもトルコの味方をした。(p190)

(4)イベリア半島にいたイスラムからキリスト教徒に改宗した「モスリコ」はイベリア半島に文化とともに残り続けた。(p233)

(5)著者によれば「ゲットーは単にユダヤ人が閉じ込められた牢獄ではなく、彼らが自らの信仰とタルムードを守るために自ら引きこもった城砦の象徴でもある。」(p253)

 このあたりの記述は、ユダヤ人が書いたゲットーの記録http://blog.livedoor.jp/shoji1217/archives/1026240034.html
と比較して冷静に議論する必要がある。

 いつまで経っても、アマゾンの本の紹介ができないので、明日から、完全に、ライブドアブログに移行します。ブックマークの変更をお願いします。http://blog.livedoor.jp/shoji1217/
pagetop
One of this book's writer is MIT professor of city planning, who wrote the downtown development in Regan era. I stayed in USA at that time, I understood the planners' atmosphere. US city governments are still trying clearances and developments in downtowns. From now on, these project were almost failed, and this project styles are not referential to JAPAN, but at that time, private sectors and city officials were co-operating to success downtown projects. This points was very important, and this experiences are more persuasive.
Now, Japanese cities' economic potentiality is much lower than US cities in Regan era. Therefore, innovation method utilizing building stocks is more appropriate and sustainable.

 もとの本は1989年にアメリカで発行。自分は、1988年にアメリカに一年いたので、感覚はよくわかる。

 民主党政権からレーガンの共和党政権になり、都市開発予算が極端に削減され、一方で、都市の中心部の荒廃が問題になっていた。

 この中でも例示されている、ボストンのクィーンウスクエアとかボルチモアのハーバースクェアなどが注目を集めていた。

 今の日本と同じ問題点と違う問題点があある。

 違う点。

(1) ダウンタウンの再生で、従来の都市更新よりはまだ既存の建物を活用する傾向はあるが、基本的には郊外ショッピングセンターに負けない床を確保するために建て替えを活用していること。日本の場合には、東京都心等を除けば、建て替えの商業施設は採算性が確保できないこと。

(2)事業主体として、郊外型のショッピングセンター開発を行った民間デベロッパーがようやくダウンタウンの開発に取り組みだしていること。日本は、現時点では大手民間デベロッパーが中心部の開発に参加する可能性は東京都心などを除き極めて乏しい。

 日本と同じ点
(1)市の開発部局が経営センスがもとめられ、各種の厳しい交渉(deal)を行いプロジェクトの計画をまとめていること。この際に、住民への情報提供の問題が生じていること。

(2)モールの公共性が、反独立戦争から政治活動などの問題を生み、何をみとめ、何を認めないかの難しい課題を抱えていること、(p291)

(3)ボストンのコプリー広場の設計競技では最終的には、食べ物、飲み物があり、野外のパラソルや木陰で飲食ができること、生鮮農産物の青空市と屋台の物売りまでが要求事項に加わってきた、(p306)

(4)行政は開発プロジェクトの正確な経費や危険を十分認識しないまま、支援を行い、結果として成功を収めている、これを「隠蔽する手」という。(p315)

 最後の点はわかりにくいかもしれないが、意外と大きなリスクをとって開発プロジェクトを実施して、成功するという、「見えざる手」のような現象もあるということ。もちろん行き過ぎはだめだが、最初からリスクばかり考えて動かないという行政への一種の皮肉と小生は理解しています。

 なお、現在、順次、ライブドアブログへの移行をしています。ブックマークの変更をお願いします。http://blog.livedoor.jp/shoji1217/
pagetop
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。