経営学 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
The wrier is American journalist. He points out the dangers to be accustomed to automation systems excessively. For example, airplane pilots use their hands only few minutes in taking off and landing. Other time, automation pilot systems pilots airplanes. Though, when automation systems. were down because of severe frosts on the wings, pilots have to control aircraft manually, and though these proses, several severe accidents happened in US by pilots' miss-control.
Automation systems is essentially important for Japanese economy, because of high labor costs. We Japanese have to learn how to control side effects caused by automation systems.

 HONZでの推薦だったと思う。

 Googleの自動運転技術はまだ途上だが、パイロットの運転を助けるオートパイロットの技術は既に導入されている。この技術が導入されてから、操縦士の技能、感覚が一般的には落ちてきていて、翼に霜が付いたときとかオートパイロットが自動的に解除された時に、失速につながる操縦桿をあげる操作をしてしまう事故が発生している(p75)。

 もちろん、 オートメーションパイロットの技術によって、飛行機事故自体は激減している(p74)ので、この技術を批判するにはあたらない。非常時など、オートパイロットが切れた時の操縦士の技術が、不断、離着陸の数分しか操縦しない習慣にひょって、技能や感覚が低下するかを以下に防ぐかが課題だということ。

 アメリカでは、医師の診断補助、会計士の監査補助などや株価変動の分析などにも自動化技術、分析技術が使われており、有益だが、医師などがコンピューターが指摘する異常な薬の組み合わせを棄却して投与するという判断は当然必要。さらに、重要なのは、コンピューターが異常値の可能性があると指摘した部分以外のところに見落としの可能性があり、それをプロが再検証する仕組みが重要。

 例えば、肺のX線写真でもコンピューターが要注意部分を示してくるが、それ以外の部分を医師は診なくなる傾向があるという。そこにも視野を広げないと、人間がコンピューターに逆に制約されることになる。

 あと、建築家とCADの事例で引用されているが、「我々の可能な最も深い理解携帯は、単なる知覚認識ではなく、物事を扱い、使い、世話をすることであり、これ自体に独自の知がある」(p191)という指摘は重要。

 要は、パソコンの前で知覚だけで物事を設計したり理解したりするのではなく、現場にいって、一緒に身体を動かして身体で感じ、異変や変なところを知るという、精神と身体の一体的な創造活動というのが重要だと思う。

 オートメーション化は、避けられないにしても、その限界とかえって見えなくなっている部分を知ること、真の知覚は自分の身体の知覚とセットであることをわすれないようにしたい。

 また、マクロ経済的にいえば、人件費の高い日本で、なんからかの産業を維持していくためにはオートメーション化によって労働生産性を高めていくことが不可欠。そうでないと、海外に移すことができる製造業などは全部海外の低賃金国にうつってしまうし、サービス業もコンピューターを使って労働生産性をあげないと、ネット社会ではどんどん、海外に仕事を持って行かれてしまう。

 その意味では、アメリカの本だが、日本でオートメーション化を進める上での注意点がよくまとめられている本とも言える。

なお、fc2は、アマゾンの本が貼り付けられないなど、不具合が続いているので、順次、ライブドアブログの「革新的国家公務員を目指して」http://blog.livedoor.jp/shoji1217/に移行していきます。
pagetop

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
(2015/02/20)
ちきりん

商品詳細を見る


 ちきりんさんは、ブロガーで市場に明るい人。素性は不明ながら、出す本はわかりやすい。

 要は、論理的思考と市場感覚の両方でものごとを考えようということ。

 特に市場感覚、マーケット感覚というのは、結局、市場でどう評価されるか、市場でどの程度の価値があるものと考えられるか、という視点をきちんともつことと、目的を実現するためには、規制手法よりも市場メカニズムを使う方がうまくいくことが多いということ。

 以下、おもしろいと思った点の引用。

(1)位置No. 192-193
実は世の中の大半の問題は、ひとつの手法を使って考え続けるより、論理的な思考とマーケット感覚という、ふたつのアプローチで両側から考えたほうが、圧倒的に早く、現実的で豊かな解に到達できます。

(2)位置No. 522-524
日本は他の先進国と比べて、非市場的な制度(=権威を持つお上が規制を作り、一般の人を守ってくれる制度)を好む人の多い国です。しかしネットを利用する機会が増えると、世界標準での規制のほうが、合理的だと考える人も増えてきます。
(3)位置No. 651-652
市場化が進む社会で高く売れるのは、「よい商品」ではなく、「需要に比べて供給が少ない商品」なのです。

(4)位置No. 739-741
自分が勉強している間に、その仕事に対する需要の大きさが変わってしまうかもしれないのだから、ひとつの分野にこだわり続けるより、需要が増える分野を見極め、伸びている分野にすばやく移動することのほうが、よほど有用な場合も多いのです。

(5)位置No. 1738-1742
何かあるたびに「規制を強化すべきだ!」と叫ぶ人を見ると、私は心底ぞっとします。そんな人ばかりになってしまったら、罰則だらけの息苦しい規制社会に向かうだけです。問題があれば、まずは人間のインセンティブシステムを利用してなんとかできないか、考えるべきなのです。そうすれば嬉々として、問題を解決する人が現れるのですから。

(6)位置No. 1925-1927
日本人はよく、「シリコンバレーは失敗に寛容だが、日本社会は失敗した人を許さない」と言いますが、この理解は完全に間違っています。シリコンバレーは失敗に寛容なのではなく、「失敗経験のない人など、まったく評価しない」のです。

(7)位置No. 2074-2076
市場性の高い場所とは、需要者と供給者が価値を交換する現場や、人間のインセンティブシステムが直接的に働く場所、組織的な意思決定ではなく、市場的な意思決定方法が採用されている環境のことです。

(8)位置No. 2159-2162
学校が提供する価値には、最先端の知識や知見に加え、学位(卒業証書)、価値ある同窓生とのネットワーク、極めて容易に社会の信頼が得られる「学生という立場」など、さまざまなものが含まれます。アジアからの留学生にとっては、日本に滞在できる権利(学生ビザ)や、日本企業へのアクセスも大きな価値でしょう。

(9)位置No. 2174-2177
反対に地方では、潜在的な価値がゴロゴロしているのに、それに気づき、市場化しようという人が足りていません。このため学生時代に都市部でマーケット感覚を鍛えた人が、UターンやIターンで戻った地方で何かを始めるというパターンは、構造的に成功しやすいアプローチとなっています。

(10)位置No. 2242-2247
霞が関の官僚が構造改革に積極的に取り組んでいたら、優秀な学生たちは、「これからも日本は官僚がリードしていく国だ」「自分も官僚になって、日本を率いていこう!」と考えます。しかし、自分たちの保身のために担当業界と癒着し、業界と一緒になって抵抗勢力と化していると、学生たちは「今の時代、官僚になるなんてありえない」と理解し、就職希望先を変えてしまいます。「役所が変わらないなら、優秀な学生たちの就職希望先が、外資系企業やベンチャー企業にとって替わられる」のです。

 最後の一節はきついな。霞ヶ関は変われるかな?替わられるかな?
pagetop

イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言 (講談社+α新書)イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言 (講談社+α新書)
(2014/10/21)
デービッド・アトキンソン

商品詳細を見る


 ゴールドマンサックスのアナリストが、転職して、文化財の修繕を行う小西美術工藝社の社長になって、書いたエッセイ。

 日本人の耳に痛いことばかり。

(1)コンセンサスを重視しても、それは組織を大きく変える決断に結びつかない。(p108)

(2)相談役や顧問が経営に口出すのは現役社長が仕事がしにくくなる。おかしい。(p117)

 パナソニックとか中村前会長が相談役で厳然と力をふるっているとか。だからイノベーションが起きないんだと思う。

(3)滝川クリステルの「お・も・て・な・し」と区切って発音する仕方は、海外では相手をばかにした発言ととれれ酷評されている。(p124)

 そうなのか。ぼくはあとの合掌がタイではないんだから、誤解を招くよなと思っていた。

(4)日本の箱根老舗旅館では、チェックイン時間まえには部屋が空いていて、掃除がしてあっても客をいれない。宿のルールをお客様のために柔軟にかえられない風潮は、けっして「おもてなし」の国とはいえない。(p135)

(5)日本政府観光局が訪日外国人実態調査で訪日外国人の評価が訪日後下がった項目として、「産業・工業製品のイメージ」「生活水準が高い」「文化と歴史は素晴らしい」が下がっている。

 これはちゃんと文化や歴史を伝えていないからと著者は指摘している。

 いろいろ、誤解もあるけど、やっぱり、海外の視点、外国人からの視点をちゃんと勉強する必要がある。
pagetop

老舗を再生させた十三代がどうしても伝えたい小さな会社の生きる道。老舗を再生させた十三代がどうしても伝えたい小さな会社の生きる道。
(2013/08/07)
中川 淳

商品詳細を見る


 アマゾンの日替わりセールで購入。

 東京の老舗の中川政七商店の中川さんが、地方の製造業で苦しんでいる、伝統産業に経営のアドバイスとブランディングをして再生させた事例紹介。波佐見町のマルヒロ、豊岡市の鞄屋、三条市の包丁屋など、技術はある程度優れているが、海外の安い商品などの負けて衰退しつつある会社。

 ブランディングのコツは小生はよくわからないが、例えば、豊岡市の鞄屋にが、豊岡鞄のことよりも自分の会社のブランディングに集中するという話、借金は着実に返せるような返済計画をつくること(位置2575)、ブランディングの補助金に頼らないこと、東京と地方の企業とスカイプを使って頻繁にやりとりをすることによって詳細まで詰めることなど、まちづくりのイノベーションと同じだと思う。

 こういう、大都市の優れたイノベーターと、地方の若手の企業人なダイレクトにつながって、イノベーションを起こすことが大事。
pagetop

地方分権の財政学―原点からの再構築地方分権の財政学―原点からの再構築
(2004/04)
持田 信樹

商品詳細を見る


 きちんとした実証分析を踏まえて、安易な地方交付税への批判はおかしい、という視点で書かれた論文集。

 地方交付税が、地方公共団体の自主的な増収努力を阻害しているとか、無駄な地方債の起債を誘導しているといった批判に対して、きちんとした実証的証拠はないと指摘している。

 自分は、そもそも、国土の均衡ある発展というのが、国土政策上放棄され、それぞれの地域で自立的に成長することがうたわれているのに対して、どうして、本来もっと都市部に投資しなければいけない税収が地方部の人があまりいない地域に面積を一定の標準として配る必要があるのか、それによって、無駄で効率的でないお金の配分になっていないのか、という問題意識はある。

 しかし、この本は、そういう根本的な哲学論には直接反論せず、少なくとも、「地方交付税が、地方公共団体が新しい独自財源を探そうという努力を惜しんでいる、いわば自分で財政を健全化しようとすることへのディスインセンティブになっている」という事実は立証できないとする。

 しかし、少なくとも、「地方債に対する交付税措置および交付税特別会計借り入れにより、個別地方自治体は「地方借り入れ残高」の半分以下しか債務として認識していない可能性がある。この乖離が地方公共団体に「財務錯覚」を発生させ、必要以上に単独事業が膨張して、地方債の累積を招いた基本的原因と考えられる。」(p280)と述べている。

 借金しても後で国が交付税で面倒みてくれるから、借金しても大丈夫と公言している地方の役人もいるので、少なくともそれは事実なんだろう。

 本来は、都市も地域の経営という観点から、いつまでも国からの配分というお金を充てにすることなく、自分の地域でできるだけ税収を確保して、その範囲内でまわす、その範囲内で少なくともインフラの維持管理とか単独事業の収支をちゃんととるということは大前提だと思う。
pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。