2010年11月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
人口減少時代における土地利用計画―都市周辺部の持続可能性を探る人口減少時代における土地利用計画―都市周辺部の持続可能性を探る
(2010/08/25)
川上 光彦、明石 達生 他

商品詳細を見る
 

 都市計画の本も読んでいるのだが、コメントが難しい。

 この本は、都市の周辺部に着目して、土地利用計画の課題を広くとらえていている。

 しかし、これはという解決策、アイディアがない。関係者である自分が愚痴をいっても仕方ないが。

 その中でも無理に探せば以下のとおり。

①都市計画基礎調査の充実の観点からの韓国の土地適性評価の紹介。(p38)

 基礎調査は大事だが、結局、地方公共団体の予算不足に帰着するので解決策が難しい。

②農地課税の不均一。(p70)

 いわゆる特定市でなくても、市街化区域内農地の課税が宅地に準じるという形で毎年上昇してきており、負担になってきている実態がわかる。

③結章で、協定という第三の手法を提案しているところ。(p164)

 具体策はないが、協定制度は、法律、条例でもこれから大事だと思う。

 いずれにしても、土地利用計画の抱える問題の全体を把握するという意味では、目次が有効。
pagetop
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。