2011年01月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
新編 東京圏の社会地図 1975‐90新編 東京圏の社会地図 1975‐90
(2004/03)
不明

商品詳細を見る


これもかばちゃんの推薦。

 23区は500メートルメッシュで、それ以外の南関東は、市町村区域で切った上で、様々な社会指標をおとして、コンピュータで分析したもの。

 ちなみに、この本は、このアウトプットの地図をみているだけで楽しめる。

①一番の成果は、23区での西側にホワイトカラーの居住地が、東側にブルーカラーの居住地が立地していることを、みごとに明らかにしたこと。(p41)

②南関東全体でみると、離婚者比率は23区に集中して高いこと。(p86)

 人の目を気にせずに暮らせるから、23区に移ってくるのかな?

③生活保護費率は、南関東全体でみても、23区の東側、北側に集中して高い。(p192)

 なんとなく、区のイメージで思っていることが、正確に地図におとされていることに驚く。

 こういうデータと分析は、都市計画を考える上で、継続して蓄積していく必要がある。また、他の都市圏でも行う必要がある。
pagetop
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。