2011年06月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
震災に強い家 (東日本大震災の教訓[住宅編])震災に強い家 (東日本大震災の教訓[住宅編])
(2011/06/09)
日経ホームビルダー

商品詳細を見る


 これも職場の本屋でみつけて購入。

 最近、報道され、問題が大きくなりつつある、液状化と斜面地崩壊という宅地被害について、詳しく解説している。

①液状化の被害は、浦安などの臨海部だけでなく、取手市や我孫子市など利根川沿いなど内陸部にもおおく発生している。(p29)

②福島県、宮城県の盛り土の宅地造成地で斜面崩壊が発生している。(p39)

③傾斜住宅の改良は、硬質ウレタン注入工法、アンダーピニング工法などによって値段が異なるが、200万円から1000万円ぐらい。(p153)

 宅地被災状況と対策の概略がわかった。
pagetop
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。