2011年07月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04/14)
金谷 治

商品詳細を見る


 日垣隆さんのメルマガ古典グループの課題本ということで、岩波文庫の『孫子』を読了。

 いままで角川ソフィア文庫の『孫子・三十六計』、講談社学術文庫の『孫子』をよんで、岩波文庫の孫子が一番、あっさりとしている。

①「兵とはき(言偏に危)道なり」(p32)

 戦争とは正常に反したしわざ。

 敵を欺くのが戦争ということ。

②「兵に拙速なるを聞くも、未だ攻久なるをみざるなり。」(p36)

 戦争にはうまく早く切り上げることはあるが、うまく長引くという例はない。

③「故に進んで名を求めず、退いて罪を避けず、唯民を是たもちて而して利の主にあうのは、国の宝なり。」(p136)

 功名を求めないで、進むべき時進み、罪に触れることをおそれないで退くべき時に、退いて、ひたすら人民を大切にした上で、主君の利益にあうという将軍は、国家の宝である。

 役人の鑑でもありますな。
pagetop
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。