2011年10月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

増補 広告都市・東京: その誕生と死 (ちくま学芸文庫)増補 広告都市・東京: その誕生と死 (ちくま学芸文庫)
(2011/07/08)
北田 暁大

商品詳細を見る


 北田さんは、東浩毅氏との対談で知った気がする。

 職場で、都市論を探していたときに、偶然本棚から発見。一度読んでみたかった。

 広告論とかメディア論とか難しく語っているが、渋谷の盛り場論として理解できる気がする。

①1980年代までは、西武が西武百貨店からパルコまでを道路や周辺の土地利用も含めて、劇場化して、人を呼ぼうとした。それにつれて、東急も道玄坂側で頑張った。

②しかし、1990年代のバブルがはじけてから、そういうまちを劇場にして、一定の雰囲気をもった商業展開は、商業資本側の弱体化もあって下火になった。

③しかし、今でも、渋谷は、若者たちには、便利なまち、特別ではないけど、行けば何でもそろうまちとして人気を持っている。

 自分は、1980年代の西武系の人たちの熱気のこもった雰囲気を知っているので、ああ、バブルだったんだな、と思う。

 今の方が渋谷もわかりやすいし、中年も買い物がしやすいと思う。

 これから、駅の再開発など周辺開発が進むと、東急のイメージが渋谷は前面にでてくるような気がする。
pagetop
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。