2013年01月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
東北学 忘れられた東北 (講談社学術文庫)東北学 忘れられた東北 (講談社学術文庫)
(2009/01/08)
赤坂 憲雄

商品詳細を見る


 赤坂さんは、国の復興推進委員会の委員にもなっていて、3.11に関しても論考を出している。

 ここは、東日本大震災をきちんと理解するために、赤坂さんの3.11以前の本を読んでみようと思った。

 この本は、赤坂さんの東北学の初期のもの。

 一言で言うと、稲作文化を中心とした柳田民俗学への批判、稲作文化、ヤマト文化以前の東北独自の文化の尊重というのが一貫した視点。

 静岡という温暖の地で育った自分には、稲穂のたれる田園風景はなじみのあるものだが、雪深い東北では、それが極めて最近のもの、そして、それが昭和の厳しい飢饉などの背景にあることを知る。

 東北独自の視点の民俗学をさらに深めていきたい。東北への暖かいまなざしが今一番大切で、そのためには東北を理解することが前提と考えるから。
pagetop
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。