2013年02月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

3・11以後の日本の危機管理を問う (神奈川大学法学研究所叢書)3・11以後の日本の危機管理を問う (神奈川大学法学研究所叢書)
(2013/01)
務台 俊介、小池 貞利 他

商品詳細を見る


 最近、いい防災本、3.11関連本がないなと思っていたら、職場の同僚が貸してくれた。

 務台さんは消防庁の防災課長もやって、今は衆議院議員。防災の視点は鋭い。

(1)(3.11について)、政府は災害救助において過度に自衛隊に依存したように思われる。(p12)

(2)米国のリスクコミュニケーションの原則。大衆をパートナーと意識せよ、綿密に計画して実施せよ、大衆の声を聞け、誠実かつ正直であれ、信頼できる情報を使用せよ、メディアの要望に応えよ、明確にわかりやすく伝えよ。(p68)

(3)福島県庁内にあった現地対策本部は、報告業務と視察にやってきた菅総理のアテンドなどに忙殺され、現地での関係調整業務はほとんど行われなかった。(p77)

 いずれも、内部ではよく指摘されていたことだが、明確に3.11の政府の対応の問題点を指摘している点で優れていると思う。
pagetop
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。