2013年06月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
国民のコトバ国民のコトバ
(2013/03/20)
高橋 源一郎

商品詳細を見る


 アマゾンくんがしつこくトップで推薦してくるので、購入。

 最初のころは、結構、えぐい話がおおくて趣味が違うなと思ってきた。

 それが後半にきて、ぐっと引き込まれた。

(1)「こども」なことばの章で、

 ちきゅうぎを見て
 
 ママ
 アメリカはカナダのとなりだから
 「カナダくんあそぼ」っていってさ
 ニッポンは
 中国のとなりだから
 「中国くんあそぼ」っていったらいいのにね。(中神大介6歳)(p327)

 ぐっとくるな。

(2)「ケセン」なことばの章で、

 ケセン訳の聖書をだした山浦さんは、ギリシア語までもどって、当時のガラリアが僻地であったことを踏まえて、ケセン語をつかってみせている。その本が、3.11の震災を奇跡的に生き残ったらしい。

「ケセンなことばは、過剰包装をはずして使えるものにしてくれる」(p252)

(3)「おまけ」のことば2の章
 
 ぼくたちをバカだとおもっている政治家は信用しちゃいかんってこと

 これも、大事なこと。国民の声に本気で、上から目線でなくて、耳をそばだてていないといけないと思う。国民のお役にたって、なんぼです。役人は。
pagetop
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。