2013年07月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
 旧国土庁系の雑誌「人の国土」

 あんまり注目していなかったが、机の上にくべられてきて、ぺらぺらみたけど、集落地域の小さな拠点というのは、いい発想かもしれない。

 従来のはこもの行政ではなく、建物はいっぱいあいているので、その中で中心的な集落の空き家をうまく活用して、住民サービスの拠点をつくる。

 これに林直樹さんが提唱している、奥の集落を中心的な集落に移転させて、奥の集落から撤退してくるという発想がうまくマッチしたら、結構おもしろそう。

 ただし、役所の施設をもってくるとか、何か、箱物をつくるというのは絶対だめ。今、集落に必要なのは機能であって、施設そのものではないので、そこを間違えると、施設はあっても中身がからっぽになる。

 そこまでの発想なり、注意深さまでは感じられないが、「小さな」拠点というフレーズにちょっと関心を持った。
pagetop
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。