2015年04月 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)沖縄の不都合な真実 (新潮新書)
(2015/01/16)
大久保 潤、篠原 章 他

商品詳細を見る


This book is recommended by my clleague born and brought up in Okinawa. This book analyzes Okinawa economy is based on American bases and the Japanese government's subsidy. The writer pointed out that Okinawa economy can't become independent without Amercan bases. According to the writer, this is ill-shaped reality in Okinawa.

 沖縄出身の後輩から読んでみたらと推薦されて読んでみた。

 もっと知りたいと思った点。

(1)無人偵察機などの技術革新によって、そもそも米軍基地の存在意義とか必要性について、米軍側でも大きくかわりつつあるのではないか。そもそも、日米安保条約を前提としつつも、日本全体での基地負担を軽減するための方向性はないのか。

 重要と思った指摘。
(1)2011年9月27日沖縄タイムズの記事によれば、名護市議会がキャンプハンセンの山林162haの返還をやめ継続使用を要求したこと。(p56)

 基地があることによって、膨大な借地料が所有者である市に入ること、また、区に対しても分収金と称して相当の金額は支払われるため。

(2)基地さえなくなれば沖縄は経済成長するという既存の分析について著者が疑問を呈していること。(p88)

(3)沖縄では、県当局、県議会とマスコミ、労組、学識者が一体化しているという指摘。(p104)

(4)沖縄の貧困の背景には、所得が公務員に偏在し、公民格差が大きいこと、県民所得が全国最低であるだけでなく、ジニ係数も全国最大であること、離婚率全国一、DV発生率全国一など、社会問題が隠されてること。(p119)
pagetop
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。