勝間和代『不幸になる生き方』を読みました。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2010/06/26

勝間和代『不幸になる生き方』を読みました。

 元カツマーの自分としては、既存の勝間本との重複が感じられ、かなり、デジャブ(既視感)のある本。

 勝間さんも、どこかで、「自分は自分が過去に影響を受けた本の内容を繰り返し語っている」といっていたような気がするので、予定の範囲内のことかも。

 その中でも、なるほどと思った点。

①ネット上で批判するときも実名で責任を持つべき。(p55)

 2チャンネルとかの罵詈雑言も匿名だからできること。相手に再批判をさせないようにして好き勝手に批判するのは卑怯でしょう。

②小さな約束を徹底して守る。(p128)

 役人は、会議とか約束の時間に来ないやつが多いが、勝間さんによると、約束まもらないと運がこないらしい。

③きちんとした服装をする。(p133)

 外見も大事だから、不潔な服装はいかんし、汗かきは、くさいから下着ぐらい日中に換えよう。

 その他、利他的な行動をしようとか、大事な習慣が提案されています。

 この手の自己啓発本は、リアルの書店にあふれている。やる気を引き起こすことにみんな飢えているんだなと感じます。

 ただ、帯の勝間さんの写真、ちょっと目つきがこわいね。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。