内田樹ほか『能はこんなに面白い』を読んで、なんとなく面白そうだし、長い間守ってきた伝統は守りましょう。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/10/05

内田樹ほか『能はこんなに面白い』を読んで、なんとなく面白そうだし、長い間守ってきた伝統は守りましょう。

能はこんなに面白い!能はこんなに面白い!
(2013/09/13)
内田 樹、観世 清和 他

商品詳細を見る


 観世流の当主、観世清和さんと内田樹さんの対談や解説。

 能って足利義満のときに、観阿弥、世阿弥が完成させたんだね。思い出しました。

 室町時代から続いていて、明治維新のときに幕府側だったから危機があったけど、なんとか、生き延び、お面や装束なども、大変な努力で、関東大震災や戦災を生き残っている。

 それだけでも守る理由があると思う。

 自分にはよくわからないから、文楽の補助は廃止といった人もいたが、長い間守り続けたことを、そんなに軽んじてはいけないと思う。

 中で、当主が息子さんに稽古をつける話があって、仕草ができるまでへとへとになって限界を超えるまで教え込むらしい。そういう伝統ある家系に生まれた息子さんには頭が下がるね。

 是非観世流を絶やさずに次の世代につなげてほしい。

 ぼくらって、次の世代につなげるのが大事な仕事だと思うんだが。歌舞伎はみるけど、能は眠そうだから見に行かないかもしれないけど応援はします。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。