池田信夫ほか『気分はまだ江戸時代』をキンドルで読んで、こりゃ、読みやすい、読書革命になるかも。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/10/24

池田信夫ほか『気分はまだ江戸時代』をキンドルで読んで、こりゃ、読みやすい、読書革命になるかも。

気分はまだ江戸時代気分はまだ江戸時代
(2012/07/01)
池田 信夫、与那覇 潤 他

商品詳細を見る


 嫁さんにうまく説明して(というかごまかして)、キンドルホワイトペーパーを購入。

 4年前にアメリカからキンドルを直輸入していて、そのうち日本版といっていたが、ようやく、日本版登場。

 画面がちらつかず読みやすい、ブックマークとか、ハイライト(要は下線をひくこと)があとからまとめてよめるので、これもすばらしい。

 大きな本とかまで、キンドルで買うかわからないが、新書とか文庫は安いので買うかも。品揃えもまずまず。

 と、ここから、本の紹介。

 與那覇さんは中国化する日本という本をだしている。本人がいうとおり、中国は特殊で、西洋が基準というのは、極めて西洋的な考え方。長い歴史の中では、中国が中心だった時代も長い。

 中国に対しても、與那覇さんがいうとおり、「「民主主義が正解だから、西洋化しろ」と要求するのではなく、「いや西洋化なんかしなくていいですから、むしろ近代化にともなって前より悪くなった部分くらいは改善して、かつての中華文明の栄光くらいはとりもどしましょうよ」と提案する、ここがミソだと思う。」(位置851-854)という発想が大事だと思う。

 結局、領土問題のように対立している問題については、双方の国が大事にしているものの優先順位が違うことをうまく利用して妥協するしかないと思う。例えば、中国は中華文明でもともと境界なんかはっきりしていなかった、だから台湾を化外の地といったりした、そういう発想と日本の領土の建前をうまくずらして交渉する発想が大事だと思う。

 それにしても、キンドルの位置○○ー○○というのは、論文とか本に引用するときはどうしたらいいのですかね。それちょっと不安。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。