田中陽『セブンイレブン終わりなき革新』を読んで、これくらの血のにじむ改革を続けなければ商店は維持できないと知る。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/11/26

田中陽『セブンイレブン終わりなき革新』を読んで、これくらの血のにじむ改革を続けなければ商店は維持できないと知る。

セブン-イレブン 終わりなき革新 (日経ビジネス人文庫)セブン-イレブン 終わりなき革新 (日経ビジネス人文庫)
(2012/07/03)
田中 陽

商品詳細を見る


 こういうビジネス書って、キンドルで安いので思わず購入。

 意外とよかった。

 セブンイレブンが、血のにじむような努力、例えば、共同配送、品切れを出さないためのPOSの開発、そのPOSでは、店員に、若者か、女性が男性かをレジで同時に打たせて売れ筋を分析する、新しい商品に対する厳しいダメ出しなど、セブンイレブンが、いかにして顧客のニーズにあうかを毎日のように改善している。

 これだから、人も集まってくる。

 中心市街地の商店主が、自分が昔からのビジネススタイルで、ちっとも魅力ある商品を提供しないでおいて、郊外ショッピングセンターのせいだ、駐車場のせいだ、といって行政に文句をいい、行政から補助金をもらって、あげくのはてにその維持費がだせなくて倒産する。

 まったく、市場メカニズムを理解していない。

 自分の家の近くでも、セブンイレブンなどのコンビニと特色ある喫茶店など飲食が数軒しか残っていない。それでも自分はちっとも困らない。

 それほど、地元の商店は住民に必要なサービスを生産性高く提供していないことがわかる。

 こんな改革の気持ちのないところに、税金をつぎこんでもだめだなと思う。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。