東浩紀ほか『福島第一原発観光地化計画』を読んで、悩んでいるだけでなく具体案を提案する姿勢に共感。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/12/10

東浩紀ほか『福島第一原発観光地化計画』を読んで、悩んでいるだけでなく具体案を提案する姿勢に共感。

福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2
(2013/11/15)
東 浩紀、開沼 博 他

商品詳細を見る


 東浩紀氏などの提案で、様々な人が福島第一原発を観光地化する構想について議論している。

 Yahoo!で意見を聞いたら反対意見が多かった。被災者をくいものにするとか、当然の意見。

 ただし、自分は、東氏のグループの「ダークツーリズムガイド」で、チェルノブイリが現実に観光地化していることを知っていたので、こういう提案もありかなと思う。

 もちろん、線量管理とかしっかりした上で、福島原発の事故を風化させないために、被災者だけでなく、一般の国民や外国人でも近くまで見学できるようにするのはいいアイディアだと思う。

 抵抗があるのは、「観光地化」という言葉で、「風化防止計画」とでもいえば抵抗ないと思う。

 ただし、箱物をいっぱいつくるのはやめた方がいいと思う。維持管理が大変だし、収支があうとも思えない。ただでさえ、大量の税金を投入する地域にさらに税金で不要な施設をつくる意味はない。

 福島原発それ自体が十分にみる価値があるし、自分もぜひ間近でみてみたい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。