『リノベーションデザインの本』を読んで、リノベーションはデザインより経営からみることが必要と思う。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/12/21

『リノベーションデザインの本』を読んで、リノベーションはデザインより経営からみることが必要と思う。

リノベーション・デザインの本 (エイムック 2741)リノベーション・デザインの本 (エイムック 2741)
(2013/11/28)
不明

商品詳細を見る


 FBのどなたかの推薦。

 リノベーションとして、東京駅、JPビルのほか、倉庫とか高架下とか様々な事例の写真がきれいに並んでいる。

 でも、経営という観点からすると、東京駅は容積移転で巨額の資金を入手したJR東日本が実施したもの、東京駅前のJPビルは、外観を一部残したものの、純粋な商業、オフィス建築。これらはいわゆる通常の資金計画の中で実施した新築ビルと同じ。

 それに対して、倉庫とか高架したのリノベ、学校のリノベなどは、初期投資を抑えて、事業としても採算がとれるようにしながら、そこで実施にビジネスを展開している。そのリノベのこぎれいさは、「こぎれい」といった程度のお金しかかけていないところに意味がある。

 新築、改築のようなお金をかけたら、そこでイノベーションが行われないから。

 その意味では、初期投資を抑えて、いかに、客をよぶように新しいビジネスを考え出したか、そこがミソだと思う。

 その初期投資を抑えつつ、ファイナンスの部分で公的に支援ができないかを、来年の課題としているところ。

 是非、地区のビジネスを段階的に新しくイノベーションしていく、そういうビジネスモデルに、どんな資金が必要か、どういう資金ではその意欲を減退させるか、という機微に触れるところを教えてほしいと思います。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。