堀江貴文『ゼロ』を読んで、堀江氏がまじめで素直な起業家だいうことを知る。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/12/27

堀江貴文『ゼロ』を読んで、堀江氏がまじめで素直な起業家だいうことを知る。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
(2013/11/01)
堀江 貴文

商品詳細を見る


 なんとなく堀江氏の本は読んでいなかったが、ちきりんさんが褒めていたので、キンドルで即購入。

 少年時代の生い立ち、受験勉強、東大時代の起業、逮捕、懲役生活がたんたんとまとめられている。

 非常に素直な、ちょっと過激な発言をしすぎたけど、意欲ある起業家。なんとなく、あの時の風潮はでる釘をうつように、堀江氏を徹底的におとしめていたが、才気ある起業家だという側面をもっと大事にすべきだと思う。

 今、もてはやさえる三木谷氏との違いは、ネクタイをしめて年寄り財界人ともつきあうかどうかだが、そんなことは本当は起業家にとって関係ない。30代を堀江氏は無駄にしたけどこれからも起業精神で頑張ってほしい。

 彼は、とにかく働くのが好き。「働いていればひとりにならずにすむ。働いていれば、誰かとつながり、社会とつながることができる。そして自分が生きていることを実感し、人としての尊厳をとりもどすことができる。」(位置154-157)

 そのほか、素直な起業家、経営者の語りが続く。

 日本の経済社会もでる釘をうったり、引っこ抜いたしするのではなく、でる釘をもっと大事にしようよ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。