橋山禮治郎『必要か、リニア新幹線』を読んで、JR東海の需要予測は甘いと思う。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/01/13

橋山禮治郎『必要か、リニア新幹線』を読んで、JR東海の需要予測は甘いと思う。

必要か、リニア新幹線必要か、リニア新幹線
(2011/02/04)
橋山 禮治郎

商品詳細を見る


 FBのタイムラインにリニア新幹線のことを書いたら、推薦いただいた本。

 リニア新幹線の事業採算性、技術安定性、鉄道ネットワークとしての意味などからみて、不透明なものが多いとの指摘。

 需要予測として、この本では、新規需要に24%もの交通量を予定していることを批判している(p111)。そのとおりだと思う。

 また、技術発展性が乏しい技術であることから、当初常温の伝導リニアを開発していたドイツも実用化をあきらめて、リニアの実用化を目指しているのは日本だけだと知った。

 リニアはJR東海が自力でやるといっていたのであまり気にしていなかったが、これは、JR東海の足を引っ張るどころか、結局税金で穴埋めをせざるを得なくなるのではないか。

 もっと慎重に需要予測、経済性や技術性、安全性をチェックすべきだし、JR東海が破綻したら最後は国民負担になることも考えて、もっと関心を持たないといけないと自分の甘い考えを反省した。

 どうして、こんな大規模な公共事業が十分な検証なく、先にすすでしまうのだろう。ドイツでは事業需要を厳密にすべいとの法律までできて、国会で中止を決めたという。もっと意識を高くして、本当に次世代のために必要なインフラを残していかないといけない。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。