原研哉『デザインのめざめ』を読んで、デザイナーの軽い言葉に真実があるような気がします。。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/01/21

原研哉『デザインのめざめ』を読んで、デザイナーの軽い言葉に真実があるような気がします。。

デザインのめざめ (河出文庫)デザインのめざめ (河出文庫)
(2014/01/08)
原 研哉

商品詳細を見る


 デザイナーの原さんのエッセイ集。

 FB友達の確か、似内さんの推薦。無謀なことに原さんのデザイン集を読む前にエッセイを読んでしまった。

 次にはデザイン集を是非読んでみたい。

 結構いいこと言っている。

(1)日本はこれから高齢化を迎え、人口も減り始めるが、ここは成熟の時代への入り口である。そろそろ、質屋に預けっぱなしにしていた伝統や美意識を請け負いだして、ハイテクノロジーと融合させつつ、未来資源として活用してはどうだろうか。そうなると、日本のこれからの家にも期待ももてそうなのだが。(p123)

(2)特に個人名を冠したファッションブランドは本人が健在のうちに二世を誕生させて若返りをはかったりしないで、そのデザイナーの一生とともに歩んでほしい。(p107)

(3)デザインは虚業よりロマンに奉仕したい。(p75)

 自分はデザイン力はまったくないが、デザインをみる力はつけていきたいと思う。

 特に建築は変なデザインは街の雰囲気を台無しにするので、いつも注意しているところ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。