大木裕悟『マンション再生』を読んで、超実務的だが、これからのマンション老朽化に現行制度で対応できるか? - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/02/17

大木裕悟『マンション再生』を読んで、超実務的だが、これからのマンション老朽化に現行制度で対応できるか?

マンション再生 経験豊富な実務家による大規模修繕・建替えの実践的アドバイスマンション再生 経験豊富な実務家による大規模修繕・建替えの実践的アドバイス
(2014/01/29)
大木 祐悟

商品詳細を見る


 FB友達の上村さんのご紹介。

 読んでみたけど、超実務的。

 制度的な対応が必要と考えられるのは、

(1)エレベーター室の設置の決議要件が解釈が分かれている点。(p75)

(2)抵当われしている区分所有物件の扱い。(p140)

(3)借家権の正当事由と建て替え決議との関係。(p136)

 あと、マンション建て替え法に基づく建て替え組合と区分所有法の管理組合との関係。

 なんか、もっと基本的な課題がたくさんありそうだが。

 地道にまず、制度から勉強を続けます。

 マンション再生に関係するよい本があればご紹介願います。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。