河合隼雄『こころの読書術』を読んで、心のケアとかカウンセリングって効果があやしいと思う。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/02/18

河合隼雄『こころの読書術』を読んで、心のケアとかカウンセリングって効果があやしいと思う。

こころの読書教室 (新潮文庫)こころの読書教室 (新潮文庫)
(2014/01/29)
河合 隼雄

商品詳細を見る


 たぶん、HONZの推薦。

 著者の河合隼雄さんは、心理学やカウンセリングの第一人者。

 この本では、人間の心理の内面を理解するのよいとされている本を推奨している。

 読んでみたいと思った本。白州正子『明恵上人』、井筒敏彦『イスラーム哲学の原像』、ヘリゲル『日本の弓術』など。

 しかし、ぼくは、実際にカウンセリングを受けた経験からいうと、ほとんど、臨床心理士が行うカウンセリングに効果があるとは思えない。

 また、フロイトとかユングのいう無意識の世界の話も科学的に実証された話ではなく、単なる物語。

 アメリカとか日本ではカウンセリングとか心のケアとか結構さかんで、職業としている人もいるのだが、それで、精神病が治るとも思えない。人に自分の悩みをお金を払って聞いてもらうことが、その時は一時的に開放感があるが、もともとの悩みの原因が解決しないとそのばしのぎ、もっというと自己満足に陥る。

 むしろ、鬱病とか統合失調症になったら、きちんと精神科医にかかって、苦しいときは薬で対応し、落ち着いてきたら、自力で薬に頼らないように治していくというのが筋だと思う。

 僕は、心理学の系統の臨床心理士の資格にも疑問を持っているし、その資格もなくても行っているカウンセリングにはもっと疑問を持っている。

 これが、カウンセリングを受けた率直な僕の気持ち。むしろこっちの本を薦める。
「心の専門家」はいらない (新書y)「心の専門家」はいらない (新書y)
(2002/03)
小沢 牧子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。