『インクルーシブデザイン』を読んで、商品で進んでいる優しいデザインを建築や都市でもっと反映できないか? - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/04/09

『インクルーシブデザイン』を読んで、商品で進んでいる優しいデザインを建築や都市でもっと反映できないか?

インクルーシブデザイン: 社会の課題を解決する参加型デザインインクルーシブデザイン: 社会の課題を解決する参加型デザイン
(2014/04/01)
ジュリア カセム、平井 康之 他

商品詳細を見る


 学芸出版社のメルマガから、タイトルで購入。

 昔のユニバーサルデザインと近いけど、社会的包摂という最近のはやりの概念でまとめた本。

 高齢者や障害者、子どもをつれたお母さんなど、様々なケースで、はさみとか牛乳パックとか、ベンチとか、アイディアが提案されている。

 そのプロセスで参加型も提案されている。

 この発想って、建築とか、都市でも本当はもっと真似ないといえない。なんとなく、ユニバーあるデザインのマニュアル的なものに陥っているけど、もっと当事者の意見をきくと、おもしろくて美しいものができるような気がする。

 桑原あきらさんの、被災者自らがたてる木造の仮設住宅のプロジェクトはとてもいいと思う。

 被災者が自分で再建の力になることをやる、そして、被災者でありながら、給料を手にすることもできる。きっと、心強いし将来に希望が生まれると思う。

 もう少し、そういう被災者が自ら仮設住宅を建てたり、団地造成をやったり、公園の花壇をつくったりする、そこには造ること自体のよさと造るもののよさが両方とも同時に実現できる可能性がある。

 もう少し、大々的に広まらないものか?
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。