グレン・グリーンウォルド『暴露』を読んで、メールや電話には暗号化ソフトが必須だと思った。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/05/16

グレン・グリーンウォルド『暴露』を読んで、メールや電話には暗号化ソフトが必須だと思った。


暴露:スノーデンが私に託したファイル暴露:スノーデンが私に託したファイル
(2014/05/14)
グレン・グリーンウォルド

商品詳細を見る


 スノーデンがアメリカのNSA(国家完全保障庁)が、外国人、米国人の電話、メール、フェイスブックなどのSNAなど、ほとんど世界中すべての情報について、法的根拠なしに、盗聴していたことを、最初に暴露した、フリーのジャーナリストが著者。

(1)NSAのセキュリティの順位では、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドが情報共有国、その次の段階がドイツとか、イタリアとか、日本韓国、第三のグループは敵対国で中国、ロシア、イラン、ベネズエラ、シリアだが、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、インドネシア、ケニア、南アフリカも敵対国ではないが、詳細な盗聴の対象となっている。(位置no2693-2698)

(2)日本はドイツなみに総理も盗聴されている可能性が高いが、一方で、NSAの資料によれば、カナダ、イスラエル、台湾、タイなどと並んで、日本もNSAから資金援助を受けて、スパイ活動の協力関係を維持している。(位置no.2660-2663)

(3)NSAは世界のインターネット企業、フェイスブック、ヤフー、アップル、グーグルなどと秘密協定を結んでおり、特に、マイクロソフトとの関係は緊密。スカイプやアウトルックの通信プラットフォームへのアクセスをNSAに提供していた。(位置no.2365-2369)

とにかく驚くべき情報が満載。プライバシーの権利とか報道の自由などに関心がある人は一読の必要あり。

 ぼくは、メールなどの暗号化のソフトを購入しようと思います。まあ、精神安定剤かな。それよりも、官庁のサーバーや霞ヶ関WANはNSAにだだもれになっていないのか心配だ。

追加:小飼弾さんのブログでは、、この本を読んで、むしろスノーデンが本当の情報を流しているか疑問が高まったと指摘している。おれも要注意な情報。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。