公共建築物の建て替えと民間建築物の合築をする「公民連携事業」を検討してみませんか? - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/06/04

公共建築物の建て替えと民間建築物の合築をする「公民連携事業」を検討してみませんか?

 僕が今いる「民間都市開発推進機構」では、建築、経営、都市計画のプロの木下さん、岡崎さん、清水さんなど一緒になって、公共建築物の建て替えと民間建築物の合築を一体的に、民間事業者側のイニシアティブで行う「公民連携事業」を進めようと思っています。

 専門家集団のアドバイスを活かして、「まちづくり会社」をたちあげ、民都機構の出資などの金融機能をつかいながら、地元金融機関とも連携して、ファイナンスを確保しつつ、もうかる民間テナントを発掘して、そのテナントが採算がとれるコストで公民合築の建築物をつくり、経営までをきちんとフォローするプロジェクトです。

 公共建築物の建て替えをする市町村からみても、公共建築物が比較的安くでき、また、維持管理費が民間建築物の固定資産税などでカバーできるという意味で、地方都市でも持続可能な仕組みと考えています。

 当初の事業の発掘とか専門家集団の派遣などは民都機構が費用を持ちます。

 もちろん、事業化にあたっては、ファイナンスは民都機構の本業なので自らも行いますし、地元金融機関との調整も行います。

 みなさんの町などでも、公共施設の建て替えなどの課題があると思いますが、単なる税金での建て替えでは、維持管理も含めて将来世代の負担になるだけです。

 是非、公民連携事業を検討してみてはいかがですか。

 市町村の職員の方、大学の先生やコンサルタントの方で、それはおもしろいな、この案件につかえそうだなという話があれば、是非、このブログのコメント欄に管理者限りにクリックして書き込んで頂くようお願いします。(その情報は外部には一切もらしません。)

 その際には、連絡先としてメールをいれていただけると助かります。早速、民都機構で支援体制を構築します。

 なお、制度スキームについてはまだイメージ図はできていないのですが、言葉で書くと追記のような内容です。
 
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

増田先生、スキームや考え方は来週アップする予定のうちの機構の研究誌に載せます。

あと、結局、公民連携事業は地元の建設産業とか商業者とか既得権と切り離して、安く建築し、もうかるテナントを持ってくることにかかっているので、政治的に市長さんに決断してもらう必要があります。そういう決断を迫るために、民都とかうちの専門家グループが訪問して筋道をつけるようにしています。

そのためお役に立てるのであれば、いつでも行きます。もちろん、最初の方のアドバイザー費用は全部民都がもちます。

なお、仙台市長は個人的にも少し知っているのでお役にたつかもしれません。


> 東北大の増田です。
>
> 1.制度詳細
> このような公民連携について、東北PPP・PFI協会でも幾つか検討を進めたのですが、なかなか広まっていかないのが現状です。是非、詳細が固まりましたら、お教え下さい。
> http://ppp-pfi.or.jp/
>
> 2.仙台蒲生北部
> 仙台市蒲生北部の土地区画整理事業で、包括委託業務の事業者を募集中です。市の都市計画審議会経由で関係しているのですが、市当局・民間のいずれも、イノベーティブな発想→提案となりきらない可能性大のようです(現在、提案待ちです)。上記のような組織化や制度導入が進むと良いのですが。。。
> http://www.city.sendai.jp/news/2014/business/1213214_2396.html
>
> 3.仙台市駅東エリアマネジメント
> まちづくり会社に繋げるような方向も模索中です。ただ、先々月に(区画整理・まちづくり懇話会を拡大して)民間での組織化が始まったばかりのところですので、今後の動き方次第です。状況が進みましたら、ご相談させて下さい。
> https://www.facebook.com/Loveekihigashi
>
> よろしくお願いします。

民都の幹部への講演会のお誘い

増田様

 じっとしていてもなかなか進まないでしょうから、増田さんが係わっている公民連携事業っぽいものを、まとめてうちの理事長以下理事に説明してみませんか。月2回か3回、この手の講演会をやっていて、被災地への支援をしたいという気持ちはうちの幹部に強いです。旅費、謝金は支払います。ご検討ください。



> 東北大の増田です。
>
> 1.制度詳細
> このような公民連携について、東北PPP・PFI協会でも幾つか検討を進めたのですが、なかなか広まっていかないのが現状です。是非、詳細が固まりましたら、お教え下さい。
> http://ppp-pfi.or.jp/
>
> 2.仙台蒲生北部
> 仙台市蒲生北部の土地区画整理事業で、包括委託業務の事業者を募集中です。市の都市計画審議会経由で関係しているのですが、市当局・民間のいずれも、イノベーティブな発想→提案となりきらない可能性大のようです(現在、提案待ちです)。上記のような組織化や制度導入が進むと良いのですが。。。
> http://www.city.sendai.jp/news/2014/business/1213214_2396.html
>
> 3.仙台市駅東エリアマネジメント
> まちづくり会社に繋げるような方向も模索中です。ただ、先々月に(区画整理・まちづくり懇話会を拡大して)民間での組織化が始まったばかりのところですので、今後の動き方次第です。状況が進みましたら、ご相談させて下さい。
> https://www.facebook.com/Loveekihigashi
>
> よろしくお願いします。
pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。