冨山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るか』を読んで、今の地方都市の実情とよくあった分析だと思う。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/07/03

冨山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るか』を読んで、今の地方都市の実情とよくあった分析だと思う。

なぜローカル経済から日本は甦るのか (PHP新書)なぜローカル経済から日本は甦るのか (PHP新書)
(2014/06/14)
冨山 和彦

商品詳細を見る


 冨山さんは依然、URの勉強会でお話を聞いて切れる人だなと思っていた。

 彼の主張は、世界を相手に戦うグローバル企業とローカルなサービス業を分けて、対策を考えるべきということ。

 グローバル企業は世界で戦うから世界標準に合わせて、外国人のトップも入れる、外国人トップの導入に阻害要因となる外国人子弟むけの中高校をつくるとか、世界で戦って、成長センターになる施策をとるべきという。

 その一方で、地方都市では、急激に生産年齢人口が減ってきているので、むしろ人手不足になっている。ワタミが出店をやめたり、ユニクロの正社員化もそれが背景という。

 そういう地方都市では、「モノ」はアマゾンで買うので、「コト」、つまり飲食、福祉、介護、病院、公共交通、宿泊など海外にでていきようのないものを中心に産業再生を図るべきという。これなど、僕の地域活性化のイメージとぴったりあう。

 その際に、必要なのは、長く続いているけど、もう後継者がいない企業の転出の促進。本当は地方銀行が行うべきだし、それが、冨山さんの主張でもあるが、さしあたり、ちゃんと返済している企業を、転出させるような公益的判断が地方銀行にできるかな?

 ぼくは、民都とか出資を10年に引き上げないで、もう少しもっていて、世代代わり、外部からの後継者など、きちんとした経営指導を地元金融機関と一緒にちゃんとすることが地元の大切な企業の持続性をますことだと思う。

 あとは、中小企業保証を全面的に改めること。ゾンビ企業を無理して国費で支える必要はないし、国費で支えると自己破産まで求めるので、かえって悲惨なことになる。収益のとれない企業をできるだけ穏やかに、まだ、みぐるみはがされる前に撤退させてあげる方がずっといい。

 あと、地方の労働力不足には、まず、労働生産性の向上、女性や高齢者の雇用を考えるべきで、一時的に人が足りないからと言って、低技能の外国人を入れるべきではない。かならず、そのピークが過ぎたときに大変な社会問題になる。ドイツやフランスなどの極右の問題も背景には移民の問題がある。

 あとは、地方で半公共的な公共交通会社とか福祉、医療などの会社には、民都とか出資して行政のコントロールを効かせて、地域貢献を利益の一定割合きちんとさせる、労働者の賃金をあげるといった、企業全体の統治機能を公益的観点から確保する必要がある。

 地方のオーナー企業はとかくものすごい贅沢をしたりして、社会還元をしないで、地域から遊離していく傾向がある。それでは地域の持続性にもつながらない。商売ではあるけど、地域への貢献や労働者への還元という観点のグリップを効かせる仕組みが必要。そのためには、公的機関が一部株をもってグリップするしかないのではないか。

 もしくは、冨山さんのような経営基盤創造のような志の高い、出資、アドバイス機関を国の出資でつくっていい人材をやとってきちんと出資した会社を経営指導することか?

 大きな成長が見込めない、もしくは地域経済の規模としては縮小しつつも、そもそも人口も減っているので、一人あたりの所得はそこそこ維持でいているという、地方の定常的な経済社会を目指していかないといけない。

 そのアイディア満載。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。