『住民主体の都市計画』を読んで、すごくいい本。でも都市計画ってもっと広い政策分野を扱うべきではないか? - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/07/05

『住民主体の都市計画』を読んで、すごくいい本。でも都市計画ってもっと広い政策分野を扱うべきではないか?

住民主体の都市計画―まちづくりへの役立て方住民主体の都市計画―まちづくりへの役立て方
(2009/03/10)
杉崎 和久

商品詳細を見る


 住民参加、住民主体型の都市計画、まちづくりをかなり網羅的に紹介した本。読み甲斐ある。

 まず、この本の流れに従って、なるほどと思った点。

(1)地区計画で構造と設備が規定できない、逆に、協定ものは行政が関与できない、建築協定、緑化協定、歩行者ネットワーク協定など乱立している。(p37)

 一つは、地区計画は、建築物に関すること、工作物に関すること、緑に関することなんでも規定できるようにしたらいいと思う。協定については、分けておいた方がつかいやすいのか、なんかまとめた方がいいのか、実際に使っている人の意見も聞きたいが、そろそろ地区管理協定とかいってまとめたらいいと思う。あとは、法的担保措置と期限の問題。これはあとでコメントうる。

(2)都市計画提案制度は、市町村が積極的でないと通常の地区計画策定手続きと同じになる。(p94)

 市町村マスタープランに反していない限り、その他特別の理由のないかぎり、当該地区計画を策定しなければならない、とでも規定したら、市町村の職員も真剣になるかな?

(3)横浜のプレイパークをつくるときに公園管理者が、遊具か公園施設か明確にしろとか非常に面倒なことをいっていること。(p194)

 公園施設は市民の生活環境のためにあるのだから、上手に運営したり解釈してほしい。本当に横浜市でこうだと、国の指示権とか作って、国から指導するという話さえ起きてくると思う。自治体職員市民のための仕事をしてるんだから、しっかりしてよ。

 この本がまったくふれていない住民主体の都市計画の発想。

(1)もっと活動の対象が、建築物とか公園とか建築家とか都市計画プランナーが得意な部分だけでなく、どうして一緒に、福祉とか子育て支援とか生活サービスで市民が一番求めていることと一緒に議論ができないのか、対応ができないのか。

 よく、プランナーな人は行政が縦割りとかいうけど、自分たちの頭も縦割りになっていないか。地域の共同体をうまくつくりあげて、そこで活動するなら、一緒に、買い物難民問題を議論したり、子育てに大変な奥さんの集まる場所にも活用したり、高齢者の集う場所を考えたり、診療所の先生とか巻き込むという発想はでてこないんだろうか。

 もちろん、ぼくもその部分はこれから勉強するのだけれど、生活環境に必要なことは現場ではまとめて考えることが大事だと思う。

(2)アメリカのBIDとかHOAとか、さりげなく紹介しているけど、地域共同体が自ら一つの行政体的な役割を果たす法人になって、地域住民からきちんとお金もとってサービスもする、地区計画とか都市計画の策定主体にもなって、市町村はそれに問題なければうんといわなければならない、といった本当の住民主体の発想ってでてこないのか。

 ヨーロッパにはないけど、アメリカは自治体は自分たちが組織するもの。そういう発想で、これからシュリンクしてお金もない市町村を相手にせず、地域共同体が自ら主体的に活動する、そういう方向って考えたらどうだろうか。

 もちろん、法人格をどうするか、反対する人を強制加入にするか、反対する人をほっておいて協力的な人で初めて、その人に施設のサービスを限定するか、など方法論は現場ではあると思う。是非、そういう動きがあれば教えてほしい。制度設計考えます。

(3)あと、都市のまちなかと、周辺部の集落地域との連携とか、集落地域の存立可能性とかの議論も本当は必要だと思う。そもそも都市プランナーは、地域の行政コストをイメージしているのだろうか。それを軽減する発想があれば、本当にまじめな職員や首長さんは飛びつく活動になると思う。自分もそういう行政コストという視点からまちづくりを考えてみたい。

 後半は、自分の問題意識を書いたので、別にこの本の問題点ではありません。タイトルから課題意識が広がりましたのでご容赦を。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。