原英史『日本人を縛りつける役人の掟』を読んで、規制をする役人側はその存在理由をわかりやすく説明できないといけない。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/07/25

原英史『日本人を縛りつける役人の掟』を読んで、規制をする役人側はその存在理由をわかりやすく説明できないといけない。

日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ!日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ!
(2014/07/01)
原 英史

商品詳細を見る


 規制は国民の生活の安全や快適性、環境の保全など、きちんと国民の視点で説明できないといけないと思う。

 その説明能力がないもの、説得力がないものが役人を途中退職した著者から徹底的に批判されている。役人は国民のために存在しているのだから、きちんとその責任を果たすべき。

(1)業界の需給調整ものはアウトだろう。タクシーの減車の調整とか価格調整は生活者からみて理屈がたつのか。危険なタクシーを防ぐのと需給調整は違う。関西のMKタクシーはマナーもよく価格も安いので、兵庫県にいるときは嫁さんもわざわざ新幹線の中から予約して、新神戸から乗っていた。そういうサービスが全国の地方都市に広がってほしい。

(2)事業主体を福祉法人とか学校法人、医療法人に限定して、株式会社を認めないものも全体として理解できない。株式会社の制度は、そもそも産業発明の契機になったというほど、合理的な仕組み。みんなから少ないリスクで資金を集める合理的な制度であり、合併や破産などの仕組みも整っている。

 学校とか、医療、福祉サービスなどそれぞれ安全性や質の維持について、監督しなければいけない点はあると思うが、原則として、行為規制で足りるはずで、そもそも主体を限定する理屈がわからない。また、福祉法人がやる保育サービスが無税で株式会社が行うと有税という理屈も本来、主体でサービスの公益性が変わるわけではないのでまったく理解できない。

(3)薬の販売も是非ネット販売をもっと広く認めてほしい。話の確認が必要ならスカイプでも入れれば良いのではないか。そもそも通常の医薬品を買うのに会話なんかしていない。集落の高齢者が薬を買いに行くのも大変なので、是非、ネット販売、運送会社での運搬も認めてほしい。さらに、慢性病などについては、医者とスカイプで話しをして、処方箋を書いてもらえって、処方薬もネットで購入できるようにしてほしい。

 高齢者の限界集落の問題の一つは買い物、一つは医療で、両方ともヤマト運輸などの運送サービスで相当程度軽減できると思う。

 生活者の視点にたって、規制緩和をお願いしたい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。