アラン『幸福論』を読んで、一杯、幸せな気分になりました。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/08/03

アラン『幸福論』を読んで、一杯、幸せな気分になりました。

幸福論 (集英社文庫)幸福論 (集英社文庫)
(1993/02/19)
アラン

商品詳細を見る


 ライフネット生命の出口さんの推薦。

 復興のお役に直接立てなくて、ぎりぎりしている自分にはぴったりだと思う。

(1)幸福とは報酬を求めなかった人々のところにくる報酬なのだ。(p272)

(2)必要なのは、信じ、期待し、微笑することだ。そして、それとともに仕事することだ。(p291)

(3)これらの楡の木を植えた人は、人生の短さなどに思いをめぐらしたりしなかった。きみもその人にならって、自分の足もとより遠くを見ないで、行動に身を投じたまえ。そうすれば、楡の木も救われるだろう。(p93)

 古典から力をもらう。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。