内田樹ほか『日本霊性論』を読んで、安易にオカルトやスピリチュアリティに引かれないためには伝統宗教と古典の知識がいる。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/09/08

内田樹ほか『日本霊性論』を読んで、安易にオカルトやスピリチュアリティに引かれないためには伝統宗教と古典の知識がいる。


日本霊性論 (NHK出版新書 442)日本霊性論 (NHK出版新書 442)
(2014/08/09)
内田 樹、釈 徹宗 他

商品詳細を見る


 4年以上前に同じ二人の「現代霊性論」を読んでいる。http://shoji1217.blog52.fc2.com/blog-entry-60.html

 きちんとした宗教への理解とか必要だと思うし、心が苦しい時の支えとなる思想も身につけたいという気持ちはある。

 しかし、世の中には危ない宗教も多いし、最近のテレビでもでてくる霊能者など、いかがわしいものが氾濫していると思う。

 内田さんと釈さんは、そういう意味ではきちんと武道の裏付け、西洋哲学の裏付け(内田さん)や、浄土真宗の裏付け(釈さん)があって、安心して議論を追うことができる。

 今回は、釈さんは鈴木大拙の「日本的霊性」を題材に、霊性を分析している。

 日本の霊性は、鎌倉時代の禅と神道によって展開を始めたこと、大地に根ざしたものであること、仏教は日本人が持つ霊性の発現形態と考えること、など、おもしろい視点がある。

 また、民衆の中で念仏をとなえ自然と深い思考ができてきた「妙好人」の話もおもしろい。

 釈先生も、日本人の霊性観を「一生懸命精進して、一周まわって、元の位置、とかあるがまま」と言っています。(p245)
 こういう、変に効果や結果を求めない、大地に根ざして、ゆっくりとした考え方、脱力した考え方という宗教観を持っている限り、変な道にはいかないな、と思う。

 伝統宗教の勉強とか、鈴木大拙のような古典も読んでみたい。そして、いんちき霊能者をちゃんと見分けたい。

 気になった本。『心の先史時代』(青土社)、「selling spirituality」、鈴木俊隆『禅マインド』(サンガ新書)
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。