『成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100』を読んで、やっぱり、one to one hundred が多いな。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/10/21

『成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100』を読んで、やっぱり、one to one hundred が多いな。


成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100
(2014/09/05)
成毛 眞

商品詳細を見る


 成毛さんの視点がおもしろい。

 200年以上続いた企業という視点もおもしろいが、イオンに主に出店している企業という発想がおかしい。イオンって成長企業を見いだす磁力があるのだろうか。

 僕が、one to one hundred ではなく、zero to oneと思った企業。

(1)有限会社柳井通商(p148)

 現在、型枠工不足が問題になっているが、工場で型枠を蛇腹型で生産して現場で広げる。これって、一気に型枠工不足を解消するんじゃないか?

(2)根本特殊化学株式会社(p115)

 放射線物質を一切含まない夜光塗料N発光(ルミーバ)。これってすごいな。

(3)鈴与株式会社(p93)

 物流業者が飛行機まで飛ばすことになったので、地元ひいきで一票。

 最後の成毛さんと武元さんの対談で、成毛さんの「成長企業の共通点は?」に武元さんの「スピード感と先行投資」(p189)

 結構、オーナー企業、非上場企業も多いが、そういう企業はリスクをもって即投資を決定できるところが優れていると思う。

 あと、前半部分で、東レとか大手で元気のいい企業が工場を新設している話がでてくるが、同時に既存の生産性の低い工場を集約するのとセットとなっているのもなるほど感あり。ただ、規模の拡大を求めても利益増大にはつながらないから、大胆に既存工場にもメスを入れている。

 国や地方公共団体が補助金だして工場誘致としても、あっというまに工場しめたりするから、本当にそういう政策やめた方がいいと思う。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。