ビル・ブライアン『人類が知っていることすべての短い歴史 下』を読んで、アフリカから人類が誕生したというのもまだ異論があるのね。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/11/27

ビル・ブライアン『人類が知っていることすべての短い歴史 下』を読んで、アフリカから人類が誕生したというのもまだ異論があるのね。


人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)
(2014/10/28)
ビル ブライソン

商品詳細を見る


 上が品切れで中古を頼んだが、連休に間に合わず。面白そうだから下巻が読んだ。

 英国人のコラムニストが著者。でも、自然科学の歴史に随分詳しい。こういう、壮大な歴史もの、欧米の人は好きだなと思う。

 へえと思った点を以下列記。

(1)現代人の遺伝子の差は極めて小さく、55匹の猿の方がもっと多様な遺伝子を持っている。(p419)

これはアフリカで生まれたごく少数の人類が祖先だという主張の証拠とされる。しかし、まだいろいろ議論がある。

(2)実は現代は氷河期のまっただなかにいる。冬に全世界で雪がふったり、ニュージーランドに氷河が存在するのは、地球にとっては極めて異例の事態だ。(p354)

(3) ネズミの生存に必要な遺伝子を除いても、他の遺伝子が介入して代理をするので、正常はネズミが生まれる、(p335)

 このノックアウトマウスの話は別のところでも読んだことがある。

 この手の話を、おもしろ、おかしく書ける能力はなかなかのもの。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。