村上陽一郎『ペスト大流行』を読んで、14世紀のペスト大流行で荘園制度が崩壊したと知る。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/12/07

村上陽一郎『ペスト大流行』を読んで、14世紀のペスト大流行で荘園制度が崩壊したと知る。


ペスト大流行―ヨーロッパ中世の崩壊 (岩波新書 黄版 225)ペスト大流行―ヨーロッパ中世の崩壊 (岩波新書 黄版 225)
(1983/03/22)
村上 陽一郎

商品詳細を見る


 エボラも心配だが、ヨーロッパの人口の半分以上が死亡したという14世紀のペスト大流行の勉強をしてみた。

(1)当然、原因は当時わからない。イスラム系の医者は隔離の発想があったが、欧州ではその発想もなかった。

(2)ペスト大流行の原因を押しつけられて、ユダヤ人の虐殺が発生した。(p114)

(3)荘園では農奴が不足して、賃金をはらう農業従事者が発生した。(p162)

 これが封建制度崩壊のきっかけになったとの分析もある。

(4)14世紀のペストによって欧州の社会の動揺が発生し、16世紀の宗教改革につながったとの見方もある。(p175)

 ユダヤ人虐殺の歴史などは、あまり知られていないが、欧州では不可知な災害が起こると、虐殺の対象となるユダヤ人の歴史を注視する必要がある。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。