ちきりん『多眼思考』を読んで、意外といいことを言っているのでメモ。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/12/11

ちきりん『多眼思考』を読んで、意外といいことを言っているのでメモ。


多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~
(2014/11/22)
ちきりん

商品詳細を見る


 ちきりんさんは、ブロガー。素性は不明だが、金融、経済に強い。
 
 ツイッターでつぶたいた言葉をまとめたものだが、意外と刺さったのでメモ。

(1)( 位置No. 94-96)
あたしはホントに「自分がどう生きたいのかわかる」ことがとても大事だと思ってる。そしてそれが「案外わからないもんなのよ」とも思ってる。よくよく自分に問わないとわからない。だから何度でも問いかけたい。

(2)(位置No. 114-116)
40代とか50代の人ってさ、若い子に「夢を持って頑張れ」とか言ってるヒマがあったら、自分が夢を持って頑張ったほうがいいと思うよ。いやまじで。

(3)(位置No. 210-211)のハイライト |作成日: 2014年12月1日月曜日 8:58:21
新人が真っ青な顔で「やばいいっす!」って言ってきたら先輩や上司は「よしきた!」って思えばいいのです。その問題を解決するために、あなたは雇われている。

(4)(位置No. 149-150)
何かが(誰かが)自分を必要としてくれているという幻想ほど甘美なものは他にない。

(5)(位置No. 258-260)
ネットを含め市場の一番の特徴は「多様性と混沌」だから、整ってて安定してる環境でしか力を発揮できない人は(これから)厳しいと思うんだよね。

(6)(位置No. 327-329)
「退化しつつある組織」で働いていると、どうしても「社会全体が悪い方向に向かっている」ように思えてしまう。悪い方向に進んでるのはあなたの組織だけであって、社会全体は進化してるんですけど? ってことに気がつかない。これはつらいよね。

(7)(位置No. 445-447)
古い民家を改装して都会の若い人が移り住むとか、さびれた商店街や島がいろんな工夫で再生するというのは素晴らしいと思うけど、そんな局所的な成功例で「日本のすべての自治体が存続できる」と考えるのは幻想。

(8)(位置No. 448-450)
この幻想を一番煽ってるのがNHK。局所的な地方の成功を取り上げて、すべての自治体に「頑張ればまた若い人が溢れる昔の村に戻れますよ!」みたいな夢を見せてる。

(9)(位置No. 455-456)
人口が増えるにつれて山を切り開き住宅地を作って人が住むエリアを拡大→人口が減る時代は、住宅地を山に戻して人が住むエリアを縮小。超ロジカル!

(10)(位置No. 527-529)
そもそも「少子化が進むと年金が破綻する」とか、「このまま人口が減ると働き手が足りなくなる」とかいうのは、「たくさん産んで兵隊にしよう」と言ってた「産めよ増やせよ」政策と発想が同じだよね。経済や国家のために子供産むとかありえない。それじゃ本末転倒。

(11)(位置No. 836-837)
日本の根本的な問題は、富裕層への税率が高いことではなく、お金を稼ぐということへのリスペクトのなさだよ。

(12)(位置No. 933-935)
「ゲーム、マンガ、お笑い」の3つは、フォーマットとしてすごくポテンシャルが高い。活きる分野は「教育、高齢化社会、メンタルヘルス」の3つです。どの分野もこれから真剣に問題解決が必要になる分野だね。3×3で9分野。

(13)(位置No. 984-987)
市場で評価され、誰かがあなたの作りだしたものに対して、自分の財布から、必死で稼いだ貴重なお金を払ってくれるということの意義を、みんなが実感すれば、組織も国も立ち直れる。「価値を出せばお金につながる」というサイクルをみんなが実感することが大事なんだよ。 <このアイテムのクリップの上限に達しました>

特に(7)から(9)あたりがいいね。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。