浅見泰司編著『都市の空閑地空き家を考える』を読んで、コンパクトシティなんていうよりこういう対策の方が意味ある。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/02/05

浅見泰司編著『都市の空閑地空き家を考える』を読んで、コンパクトシティなんていうよりこういう対策の方が意味ある。


都市の空閑地・空き家を考える都市の空閑地・空き家を考える
(2014/09/18)
浅見 泰司

商品詳細を見る


 空き地、空き家の問題は、深刻で、別にコンパクトシティ構想をいっても問題がなくなるわけではない。

 具体的な対策をどうするかが重要。

(1)柏市新若柴町会が運営する自由広場=地域の高齢者が運営する市民農園(p42)

 「ちょい農」によって多世代の参加を促している。

(2)ライプティヒ市の都市縮退政策と減築・暫定農地、バルセロナ市の多孔質化戦略(p60)

(3)無理にコンパクト化を目指すのではなく、むしろ空閑地を上手に活用するコンセプトや方法論の確立、政策展開が重要。(p107)

(4)分譲マンションについて、所有者組合と居住者組合で運営する提案。(p174)

(5)英国では地方住宅庁は空き家に対して、強制収用、空き家に対して管理命令を発出して所有者が従わない場合には、所有者に代わって修繕し、賃貸して費用を回収する仕組み、任意で借り上げる仕組みの3つがある。(p207)

(6)ドイツでは2007年の省エネ法の改正によって、既存住宅を含めて、エネルギー効率証明書を義務づけ、売買、賃貸の際にはこの証明書の発行を受け、購入者又は賃借人に開示しなければならない。(p251)
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。