- 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/05/15

 頑張って、第三巻。第一巻は地形とか気候とか動かない歴史、第二巻は経済。第三巻はいよいろ歴史ものがたかりかと思ったら、引き続き、社会経済。

 アナール派は徹底的に下部構造にこだわるのがよくわかる。若干、退屈になってくる。

 16世紀の分析の中の話。

(1)トルコは公債で借金を頼ることが、キリスト教国ができたのに対してできない。(p72)

(2)16世紀後半は陸上でも海上でも強盗行為が目立つ。(p161)

(3)ギリシャにいたギリシャ正教は、カトリックよりもトルコの味方をした。(p190)

(4)イベリア半島にいたイスラムからキリスト教徒に改宗した「モスリコ」はイベリア半島に文化とともに残り続けた。(p233)

(5)著者によれば「ゲットーは単にユダヤ人が閉じ込められた牢獄ではなく、彼らが自らの信仰とタルムードを守るために自ら引きこもった城砦の象徴でもある。」(p253)

 このあたりの記述は、ユダヤ人が書いたゲットーの記録http://blog.livedoor.jp/shoji1217/archives/1026240034.html
と比較して冷静に議論する必要がある。

 いつまで経っても、アマゾンの本の紹介ができないので、明日から、完全に、ライブドアブログに移行します。ブックマークの変更をお願いします。http://blog.livedoor.jp/shoji1217/
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。