テオプラトス『人さまざま』を読んで、ギリシアの時代から人の性格ってかわらないんだなと思う。なんか不思議。 - 革新的国家公務員を目指してー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at the innovative official

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/07/08

テオプラトス『人さまざま』を読んで、ギリシアの時代から人の性格ってかわらないんだなと思う。なんか不思議。

人さまざま (岩波文庫 青 609-1)人さまざま (岩波文庫 青 609-1)
(2003/04/16)
テオプラストス

商品詳細を見る


 ギリシアの人がいろいろな人の性格を分析した、とっても薄い本。

 自分は、13番目の「お節介」に近い。

 「もとよりお節介とは、言葉と行いとを問わず、気がよすぎて引き受けすぎることであると思われる。そこでお節介な人とは、およそつぎのようなものであると思われる。すなわち、自分の手にあまる事柄を、求められても以内のに、立ち上がって、かってでる。(中略)また、言い争っている人たちがあると、たとい自分の知らぬ人たちであれ、引き分けてやる。」(p57)

 復興のための専門家のネットワークづくりもお節介な性格からでているが、まあ、税金でいままで食べさせてもらったので、こういうときぐらい、動いてもいいと思うんだけどね。

 みんな被災地をわすれちゃだめだよ。
スポンサーサイト
pagetop

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【テオプラトス『人さまざま』を読んで、ギリシアの時代から人の性格ってかわらないんだなと思う。なんか不思議。】

人さまざま (岩波文庫 青 609-1)(2003/04/16)テオプラストス商品詳細を見る ギリシアの人がいろいろな人の性格を分析した、とっても薄い本。 自分は、13番目の「お節介」に近い。 「

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報
プロフィール

佐々木晶二

Author:佐々木晶二
現役国家公務員(現在研究休職中)です。
早朝、毎日、一冊以上の読書を目指しています。
今は、平日は、都市計画と東日本大震災関係の本を読んでいます。
休日は、海外情報、古典、歴史など、幅広く教養をつけるための本を読んでいます。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。